大きな買い物をする時には、どんな物であれ慎重に予算と相談をしながら決めていることかと思います。
お墓も同様であり、ましてや長い期間使用をしていくお墓なのですから、情報を集めて慎重に決めてください。 仏事を営む日に合わせてお墓を建てれば、関係者が一同に集まるワケですから、様々な手間が省け便利となります。
法要以外に建てない方が無難という話も確かにありますが、いずれにせよその確かな根拠はありません。日本におきましてはお墓を建てる時期に特別な決まりというのは定められていません。
実際に遺骨を10年近くも自宅で保管をしている人もいらっしゃいます。

 

お墓はいつ建てても良いのですが、一般的には四十九日、百カ日、一周忌、三回忌、新盆、彼岸などが多くなっています。
また一周忌に合わせお墓を建てることが最も多くなっているようです。

オフィス移転
http://www.zeroin.co.jp/



いつ建ててもよいお墓ブログ:2019/7/17

基礎代謝量が高いとシェイプアップに有利なんですが、
体温、つまり平熱を上げると基礎代謝量が上がります。

体温が高いということは、
からだがエネルギーを燃やして、熱を作っているということになりますから、
何もしないでも消費されるカロリーが高いことになるわけです。

ちなみに
体温が1℃上がるだけで、
基礎代謝量は約12%もアップすると言われています。

体温を上げることは、基礎代謝量を上げるため、
シェイプアップを成功させるためにとても大切なことなんですね。

読者様は夏場、
クーラーをつけっぱなしにしてはいませんか?
冬場には、ホットカーペットやヒーターに頼ってばかりいませんか?

室温を高くしすぎると、からだが自分で熱を作ろうとしないので、
体温が低くなってしまう傾向があります。

基礎代謝量を上げるには
冷暖房を使いすぎないようにすることも大事なポイントなんです。

また食べる事にも体温を上げる単純なコツがあります。
食品には、からだを温める食品と、からだを冷やす食品があります。

温める食品は根菜などが代表的ですよね。
暑い時期に旬な食品は冷やす作用、
寒い時期に旬な食品は温める作用があることは、
読者様ご存じですよね?

でも、
からだを冷やす食品を
摂ってはいけないということではありません。

組み合わせを意識して、
からだを冷やす食品だけをとらないようにしましょう。

調理法も関係してきます。

例えば、
うどんがいくらからだを冷やす食品だといっても、
温かいうどんを食べればからだは温まります。

そんな簡単な方法で、体温もあがりやすくなるんですね。

あくまで、
連日の適度な運動の効果を高めるためのものですから、
エアコンを使わずに温かいものだけを食べれば
痩せるということではありませんよ!

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)

このページの先頭へ戻る