大きな買い物をする時には、どんな物であれ慎重に予算と相談をしながら決めていることかと思います。
お墓も同様であり、ましてや長い期間使用をしていくお墓なのですから、情報を集めて慎重に決めてください。 仏事を営む日に合わせてお墓を建てれば、関係者が一同に集まるワケですから、様々な手間が省け便利となります。
法要以外に建てない方が無難という話も確かにありますが、いずれにせよその確かな根拠はありません。日本におきましてはお墓を建てる時期に特別な決まりというのは定められていません。
実際に遺骨を10年近くも自宅で保管をしている人もいらっしゃいます。

 

お墓はいつ建てても良いのですが、一般的には四十九日、百カ日、一周忌、三回忌、新盆、彼岸などが多くなっています。
また一周忌に合わせお墓を建てることが最も多くなっているようです。

オフィス移転
http://www.zeroin.co.jp/



いつ建ててもよいお墓ブログ:2018/9/18

みなさまは
ホメオスタシス効果って知っていますか?

減量を始めると、
誰にでも
一時的に体重が減らないという停滞期が訪れてきます。

その停滞期の原因として考えられているのが、
ホメオスタシス効果と呼ばれるものです。

ホメオスタシス効果は
身体の危機管理システムのことで…

環境変化にともなって、
人間の身体は体温維持や血糖値の調節、浸透圧の調節など
さまざまな重要な身体の機能を
正常に保つことができる働きを持っています。
その働きのことをホメオスタシスと言うのです。

ホメオスタシスは
ひと月で5%以上の体重減少があると、
最大限に働き始めるといわれています。

ホメオスタシス現象では、
ご飯から得られるエネルギーの吸収率を
高める働きがあります。

また
吸収する栄養が不足した時に、
身体の中で消費するエネルギーを節約して
通常と同じ活動ができるようにします。

これらのことからホメオスタシス状態では、
ご飯量を減らしても
身体の中に吸収されるカロリーは以前と同じ!

またホメオスタシス状態のときに、
激しい体操などを行っても
消費カロリーが少なくなってしまうので、
減量効果も得られないということになります。

ホメオスタシス状態をできるだけ避ける為には、
ひと月に数キロも体重を落とすような
急激なダイエットはしないこと!

ひと月の体重の減少を
体重の5%以内に抑えることが
最大の停滞期対策となるようです。

減量を成功させる為には、
ホメオスタシス効果について
覚えておく必要がありますね。

減量の停滞期を上手に乗り切って、
理想のスタイルを手に入れましょう。


このページの先頭へ戻る