お墓は日本全国に非常に多くありますが、その全てのお墓が優良で最適なお墓とは決して限りません。
中には全く管理がされていないようなお墓もありますので、まずは管理状況のチェックを怠らないようにしてください。 墓地だけ手に入れて墓石がまだ未完成の場合は、とりあえず遺骨を納める納骨室だけ作って納骨することが出来ます。
角柱塔婆の正面に戒名、また側面や裏面に俗名と生没年月日などを予め書いておくこととなります。仏教につきましては、四十九日までに納骨をするということが慣習となります。
しかし都市部などではお墓を建てるお墓が無かったり、建墓に間に合わないこともよくあるようです。

 

もし四十九日に間に合わないようでしたら、お寺やお墓の納骨堂に遺骨を預かってもらって、お墓が完成してから納骨します。
このようなことは決して仏教の教えに反しているなんてことはなく、問題の無い方法となります。

GMOグローバルサイン株式会社
http://cloudpack.jp/partner/globalsign.html



墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合ブログ:2019/3/14

下半身の減量において肝心なのは、
余分な皮下脂肪を減らし、適度な筋肉を作り、
体の均整を保つということです。

正しい食生活は、もちろん重要な要素ですが、
他の減量と違い、
あまり食べる事制限などは考えなくて良いでしょう。

それよりも、下半身太りに効果的なトレーニングや体操を、
継続して行うことがきわめて大切なのです。

下半身の減量には、
有酸素トレーニングが非常に効果的です。

手軽にできる健康的な有酸素トレーニングといえば、
水泳、ジョギング、ウォーキング…などがあげられます。

でも、普段からトレーニング不足を自覚している人は、
いきなりハードなトレーニングを行うのは逆効果になりかねません。

その場合には、下半身のストレッチなら負担が少ないので、
下半身の減量としては無難です。

ストレッチをすることにより、下半身が引き締まるだけでなく、
筋肉の柔軟性が高まります。
結果、体全身の血行がよくなってきます。
また、リラックス効果や、疲労回復にも役立ちます。

他にも、下半身をスリムにするために有効なトレーニングがあります。
スクワットもその一つ。

スクワットのやり方は、
お尻をまっすぐ下ろすようにしゃがみます。
このとき
ヒザがつま先よりも前に出ては、効果が半減してしまいますので、
注意が必要です。

その状態から、
ももの力を利用して、ゆっくりと立ち上がります。
腹筋に力を入れることで、
ウエスト周りの減量にも、効果が期待できます。

ただ、筋肉痛を感じた場合は無理をしないように、
いったん中断して痛みがおさまってから、
再度挑戦するようにしてくださいね。

下半身の減量のコツは、
他の減量と同じように、体を慣らしながら
継続させることがポイントですよ!


このページの先頭へ戻る