お墓は日本全国に非常に多くありますが、その全てのお墓が優良で最適なお墓とは決して限りません。
中には全く管理がされていないようなお墓もありますので、まずは管理状況のチェックを怠らないようにしてください。 墓地だけ手に入れて墓石がまだ未完成の場合は、とりあえず遺骨を納める納骨室だけ作って納骨することが出来ます。
角柱塔婆の正面に戒名、また側面や裏面に俗名と生没年月日などを予め書いておくこととなります。仏教につきましては、四十九日までに納骨をするということが慣習となります。
しかし都市部などではお墓を建てるお墓が無かったり、建墓に間に合わないこともよくあるようです。

 

もし四十九日に間に合わないようでしたら、お寺やお墓の納骨堂に遺骨を預かってもらって、お墓が完成してから納骨します。
このようなことは決して仏教の教えに反しているなんてことはなく、問題の無い方法となります。

GMOグローバルサイン株式会社
http://cloudpack.jp/partner/globalsign.html



墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合ブログ:2018/8/16

ダイエットを行っているときに、
最も注意すべきなのは、リバウンド。

リバウンドというのは、
ダイエットによる食事制限や適度な運動をやめてしまった瞬間、
体重が再び増え続け、
最終的にはダイエットをする前の段階よりも
体重が増えてしまうこと…

このリバウンドが起きる原因として、
レプチンという物質が関係しているのではないかと言われています。

レプチンというのは、
わたくしたちが食事で脂肪を吸収した時に分泌されるんですって。

実はレプチンというのは、
どのくらい体の中に脂肪が吸収されたかによって、
分泌される量が違ってくるといいます。

脂肪の量と分泌されるレプチンの量とは、
比例関係にあるんですね。

レプチンが分泌されてくると、
体は満腹感を感じるようになってきます。

そして最終的に、腹が満足したと感じるポイントがあります。
このときのレプチンの量のことを「セットポイント」と呼ぶそうです。

ダイエット中は、
脂肪が多く含まれている食事をしないように心がけますよね。

すると、
分泌されるレプチンの量も少なくなってしまいます。

なので、どうしても食事によって、
満足感を得ることができなくなってしまいます。

この時期を我慢することができなくなってしまうと、
ダイエットに挫折をしてしまうというわけです。

ダイエットに我慢はつきもの…

今まで自由に食べていた食事を減らすことは
場合によってはストレスに感じることもあるかもしれません。

しかし、ダイエットを成功させるためには、
ある程度の我慢はどうしても必要になってくるのです。


このページの先頭へ戻る