しっかりと管理が行き届いているお墓を選ぶことによって、貴方自身の負担が大きく減少します。
毎日通うことが出来ないのでしたら、お墓の管理をしっかりとしてくれているお墓選びをするようにしましょう。 墓地使用のための負担行為や改修工事などに関しての注意点が使用規定に記載されています。
お墓を購入した後にトラブルを起こさないためにも、使用規定におきましては事前に確認をしておくようにしてください。お墓におきましては、公営や民営を問うことなく、「使用規定」が決められています。
この使用規定には、お墓側が特定している石材店を指定されてしまっていることもありますのでしっかりと確認をしておきましょう。

 

お墓によっては自分のお気に入りの石材店があっても、その業者に依頼することが出来ないケースがあります。
このことからまず最初に使用規定に明記されていることをよく理解しておくことが重要なのです。



「使用規定」がある公営・民営ブログ:2019/3/14

娘が幼稚園に入園したら、
お母さんが弁当を作るのは当然のことだろう。

幼稚園児は脳の臨界期を迎えるという
脳にとって最も大事な時期なので、
お母さんの手作り弁当で安全な形で栄養を補給していないと、
脳のシナプスを激増させて行けなくなってしまう。

お母さんの手作り弁当であればこそ、
娘はお母さんの母性愛を感じるし、
弁当を通じて様々な遣り取りを可能にさせ、
それが脳にとっていい刺激になる。

幼稚園の方が
お母さんに対して気を利かして給食を行うというのは、
「ありがた迷惑」に属するものなのであり、
確かにお母さんたちは
給食によって弁当を作る手間暇を省くことができるが…

そのために
お母さんは娘に対する栄養管理の意識が薄れてしまい、
必ずしも娘の心身に
いい影響を与えているわけではないのだ。

お母さんが娘のために
せっせと弁当を作ることは正しい行為であっても、
家内が夫のために弁当を作ることは
必ずしも正しい行為とは言えない。

夫は家を出て、職場に行ったら、
下手に家族のことを持ち出すべきではないのであって、
そうやって公私混同を徹底して避けるからこそ、
仕事が機能化するということが起こるのである。

家内としては夫のために弁当を作ることは、
自分の愛情表現だと思ってしまう。

だからこそ、その弁当は単なる弁当ではなく
「愛妻弁当」と言われるのであって、
その弁当自体は大いに評価されるものだ。

しかも家内が自宅で弁当を作れば、
夫は11時食代を大いに節約できるために、
家計を潤してくれるものである。

しかしだからといって、
その愛妻弁当がそれに対応するだけの効果を
発揮しているとは限らないのだ。

家内が夫のために弁当を作っていいのは、
時と場合によりけりなのである。


このページの先頭へ戻る