このご時世、多くの若者がお墓のことについて真剣に考えなくなってしまい、人任せにしてしまっていることがあります。
お墓というのはある意味でご先祖様の住居なのですから、自分の家選びと同じ感覚で探すようにしましょう。 使用権の継承や名義の変更などに永代使用承諾書が必要ですので、永代使用料を納付した後はしっかりと保管をしておくようにしてください。
お墓の使用権というのは祭祀の相続人に代々継承されていくこととなりますが、原則としましては第三者に譲渡したり贈与することは出来ないこととなっています。「墓地を購入する」とよく言っていますが、これは土地を購入するのではなく「使用権」を取得することとなります。
ですので、支払うお金のことを一般的におきましては「永代使用料」と呼んでいるのです。

 

お墓を建てるための全ての費用をお墓側に支払うことで、永代使用承諾証が交付されます。
また公営の場合におきましては「使用許可証」、そして寺院の場合には「壇信徒加入契約」が交付されます。



「使用権」を取得することを意味するブログ:2018/9/17

24時間の終わりに入るお風呂は、
疲れたからだと心をリラックス&リフレッシュさせる大切な時間です。
それは、健康の面からも理にかなっています。

入浴後、からだは温まっています。
やがてからだが冷え始めると、眠くなってきます。
からだは、冷え始めると眠気を覚える仕組みになっているのです。

入浴は、単にからだを清潔にするだけではなく、
睡眠につながるという、大きな利点があります。
快眠のためにも、24時間の終わりの入浴は良いことなんですね。

しかし最近は、
7時シャワーや7時風呂派がかなり増えてきました。
7時風呂は「余裕のある人」という感じで悪くないですよね?

しかし7時風呂派は
「7時に入るからいいや」と、
23時に疲れて帰宅した後、そのままベッドに直行、
というパターンが多く見られます。

そんな7時風呂派は、23時風呂派のように質の高い睡眠が
得にくくなってしまうんですよね。

ボーッとした頭をシャキッとさせる7時風呂が、
これではなんだか悪循環ではないでしょうか。

さらに7時風呂では、
お風呂の持つリラックス&リフレッシュの効果が
アダになってしまいます。

7時風呂でからだが温まるだけならいいのですが、
脳もトレーニング機能も反射神経もスイッチオフされてしまいます。
これは、自律神経の副交感神経が優位に働く
からだのメカニズムによるものです。

これから24時間の活動が始まるというのに、
からだをくつろぎモードに入れてしまうのは
どうなのでしょうか?

また、7時風呂は、
自律神経のリズムを乱してしまいがち…
7時にお風呂に入ったり入らなかったりという
不規則な生活パターンも同様で、
自律神経の不調を招きやすくなりますよ!


このページの先頭へ戻る