ここではお墓を建てる時期についてご案内しています。
いつ建ててもよいお墓

いつ建ててもよいお墓


いつ建ててもよいお墓
大きな買い物をする時には、どんな物であれ慎重に予算と相談をしながら決めていることかと思います。
お墓も同様であり、ましてや長い期間使用をしていくお墓なのですから、情報を集めて慎重に決めてください。 仏事を営む日に合わせてお墓を建てれば、関係者が一同に集まるワケですから、様々な手間が省け便利となります。
法要以外に建てない方が無難という話も確かにありますが、いずれにせよその確かな根拠はありません。日本におきましてはお墓を建てる時期に特別な決まりというのは定められていません。
実際に遺骨を10年近くも自宅で保管をしている人もいらっしゃいます。

お墓はいつ建てても良いのですが、一般的には四十九日、百カ日、一周忌、三回忌、新盆、彼岸などが多くなっています。
また一周忌に合わせお墓を建てることが最も多くなっているようです。




いつ建ててもよいお墓ブログ:2019/1/22

長い付き合いの仲間と、
彼の諸事情により
なかなか会えなくなってしばらくたっていた。

私達は家族ぐるみの付き合いだったが、
仲間とだけなかなか会えない…

そんな折、家族連れ立って温泉に行く話が持ち上がり、
この機会を逃してはならないと、なんとか行くことにした。

もう24時の11時を過ぎていたが、
家内も仲間夫婦も息子達も起きていてくれ、
しかも、温泉宿のラーメン屋につれていってくれた。

せめて、
ラーメンくらい食べさせてやろうとの心遣い。

ラーメンができるまで、
我がムスメが14時間の時間を取り戻すかのように、
なんども宿のスロープを、手をつないで歩かされた。

よちよち歩きのムスメを心配する仲間のムスメが、
後をトコトコついてきてくれる。
その様子を家内や仲間夫婦が見守る。

何十回やらされたかわからないが、
ずっと昔に感じたような温かい気持ちになった。
ラーメンの味も大変うまかった。

「日の出を見ながら露天風呂に入る」と言い出したのは、
その仲間だった。

そんなに早起きはできないだろう…と皆で言っていたし、
私自身も疲れていたから、
とても起きられるとは思っていなかったが、
一応、目覚まし時計はかけておいた。

翌7時、不思議と目が覚めた。
眠い目をこすりながら、露天風呂に向かう。
すると、そこには、空を見上げて立っている仲間の姿があった。

仲間は私を見ると、
まるで懐かしい家族に会ったような笑顔で笑い、
「日の出はロケーション、悪いよ」と言った。

確かに、7時日が昇る方向は、山側で、しかも建物がある。
この宿は、夕方日が沈む海が望める露天風呂が見所だったのだ。

でも、せっかく7時早く起きたのだからと、
私と仲間は日の出の時刻を待った。

いつ建ててもよいお墓

いつ建ててもよいお墓

★メニュー

「使用権」を取得することを意味する
当然価格が異なる使用する区画の面積
いつ建ててもよいお墓
都市部では墓地不足が深刻
墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合
「使用規定」がある公営・民営
墓地や埋葬等に関する法律を覚えておこう
民営に比べて安い永代使用料や管理料
誰にでも申し込むことが出来るお墓
お墓の宣伝やチラシの注意事項


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)貴方にとって理想的なお墓がきっと見つかる