ここではお墓を建てる時期についてご案内しています。
いつ建ててもよいお墓

いつ建ててもよいお墓


いつ建ててもよいお墓
大きな買い物をする時には、どんな物であれ慎重に予算と相談をしながら決めていることかと思います。
お墓も同様であり、ましてや長い期間使用をしていくお墓なのですから、情報を集めて慎重に決めてください。 仏事を営む日に合わせてお墓を建てれば、関係者が一同に集まるワケですから、様々な手間が省け便利となります。
法要以外に建てない方が無難という話も確かにありますが、いずれにせよその確かな根拠はありません。日本におきましてはお墓を建てる時期に特別な決まりというのは定められていません。
実際に遺骨を10年近くも自宅で保管をしている人もいらっしゃいます。

お墓はいつ建てても良いのですが、一般的には四十九日、百カ日、一周忌、三回忌、新盆、彼岸などが多くなっています。
また一周忌に合わせお墓を建てることが最も多くなっているようです。




いつ建ててもよいお墓ブログ:2019/5/07

減量と食べる事の関係には、
深い関係があります。

普段通りの食べる事量で
減量をしていこうと考える人はあまりいないと思いますが、
食べる事を摂ると太る…というのは、勘違いなんですよね。

「食べる事をする=カロリー過剰」ではないのです。

もちろん、減量するなら、
カロリー計算をして、
カロリー過多にならないようにすることは大切です!

だからと言って、
食べる事をしないと言うわけにはいきませんよね。

みなさんは、
カロリーを摂らないようにと考えて、
油抜きの食べる事をしたり、野菜だけの食べる事をしたりしていませんか?

野菜だけを食べていては、筋肉が落ちてしまいます。
野菜を食べることは、非常に良いことですが、
同時にたんぱく質も摂らなければ、基礎代謝量が落ちてしまいますので、
体重が減らなくなってしまうのです。

また、油を抜くと
便秘の原因にもなってしまうんですよ!

便秘には、
食物繊維を摂っていれば大丈夫と勘違いしがちですが、
油も摂らないと便秘は改善されません。

減量に付きものの食べる事制限ですが、
過度な食べる事制限は必要ではないのです。

炭水化物、たんぱく質、脂肪の
三大栄養素を取り入れた食べる事を心がけましょう!

ビタミンとミネラルを加えた五大栄養素を摂ると、
一層良いですよ!

それぞれに、決められた働きがあります。
偏った栄養ばかり摂っていたのでは、
働きが充分に発揮出来ずに、もったいないです。

減量のためには、これらをバランスよく取り入れ、
腹八分目を心掛けて、食べる事をしていくようにしたいですね。

いつ建ててもよいお墓

いつ建ててもよいお墓

★メニュー

「使用権」を取得することを意味する
当然価格が異なる使用する区画の面積
いつ建ててもよいお墓
都市部では墓地不足が深刻
墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合
「使用規定」がある公営・民営
墓地や埋葬等に関する法律を覚えておこう
民営に比べて安い永代使用料や管理料
誰にでも申し込むことが出来るお墓
お墓の宣伝やチラシの注意事項


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)貴方にとって理想的なお墓がきっと見つかる