ここではお墓を建てることが出来ない時についてご案内しています。
墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合

墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合



墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合ブログ:2018/6/19


オレ達夫婦は
ちょうど10年目に入ったところです。

きのう、オレは、
嫁のはめている結婚指輪に、
随分キズができていることに気がつきました。

10年目にもなれば、指輪もそんなになるんだね…
と話をしていた時、オレは、ふと、
「そういえば、俺の結婚指輪どこにあるんだろう」
とクチに出しました。

「失くしちゃったんじゃないの?」
という嫁の言葉を背に、
確かにここに仕舞ったはずだと、探してみると、やっぱりありました。

オレは、大学生の頃から、
指やうでにアクセサリー等をつけると、
手首が痛くなるという症状がでるのでした。

指輪やブレスレットはおろか、
腕時計もできないくらい…

そんなオレも、指輪を買うことになりました。
今の嫁と結婚するからです。

ところが、オレは指輪をすることができません。
せっかくの結婚指輪だからと、結婚当初は試みてみましたが、
やっぱり手首が痛くなってしまうのです。

それでも、せめて身につけることだけはしておこうと、
持ち歩いたりもしましたが、それこそ失くしてしまいかねません。

そんなわけで、結局、オレは、
10年目を迎えた今まで、結婚指輪をしていませんでした。
それどころか、指輪の存在そのものを忘れていたのです。

今なら指輪ができるかもしれない。

そう思って、その瞬間から結婚指輪をすることにしました。
すると、しばらく経っても手首は痛くなりません。
結局、そのよるは、手首が痛くなりませんでした。

翌朝、起きてみても、変化はありません。

そのよる。
次の朝。
そして、また、そのよる…
問題は起こりませんでした。

こうして、今日まで、
結婚指輪はオレの指に納まっています。
今まで仕舞ってあったから、ピカピカ光って…
まるで、結婚したばかりのようです。

墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合

墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合

★メニュー

「使用権」を取得することを意味する
当然価格が異なる使用する区画の面積
いつ建ててもよいお墓
都市部では墓地不足が深刻
墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合
「使用規定」がある公営・民営
墓地や埋葬等に関する法律を覚えておこう
民営に比べて安い永代使用料や管理料
誰にでも申し込むことが出来るお墓
お墓の宣伝やチラシの注意事項


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)貴方にとって理想的なお墓がきっと見つかる