ここではお墓を建てることが出来ない時についてご案内しています。
墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合

墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合



墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合ブログ:2018/2/26


仲間が言うには
「おふくろの味」のダントツ1位って、
ハヤシライスなんだそうですね。

みなさま、ホントですか?

というのも、
ボクは母のハヤシライスをきちんと思い出せないんです。

それは母がハヤシライスを作ってくれなかったからではなく、
毎回味が違ったからです。

ある時はドロドロのこってりハヤシライス、
ある時はしゃばしゃばのあっさりハヤシライス。

その都度、
母は「目分量だから」と言っていました。

出ました「目分量」!

レシピでは伝えきれない目文量…
きっとこれが「おふくろの味」のキーポイントになるのでしょうが、
ボクの母の場合、
いわゆる「目分量」という言葉は適応されません。

「目分量」というよりも
「気分量」という言葉があてはまると思います。

その日の母のテンションによる味付け、
それが「気分量」です。
気分量は様々なバリエーションを生みます。

例えば、
我が家は誕生日ショートケーキも手作りだったのですが、
ショートケーキの大きさが毎回違うんです。

これは母がケチっているわけではありません。
ときにスポンジがどのくらい膨らむか、
これが焼いてみないとわからないのです。

ほとんど膨らまないときのショートケーキは2段重ねのくせに
高さ5センチくらいのときがあります。

食べてみると
ふんわりという表現からほど遠く、
どっしりとした重量感はベイクドチーズケーキのようでした。

母の面目もありますから断っておきますが、
味はなかなかのモンですよ!

ただボクが言っているのは、
これといって決まった味がないので、
何をもって「おふくろの味」と呼べばよいのか、
なかなかジャッジが難しいということなんです。
墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合

墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合

★メニュー

「使用権」を取得することを意味する
当然価格が異なる使用する区画の面積
いつ建ててもよいお墓
都市部では墓地不足が深刻
墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合
「使用規定」がある公営・民営
墓地や埋葬等に関する法律を覚えておこう
民営に比べて安い永代使用料や管理料
誰にでも申し込むことが出来るお墓
お墓の宣伝やチラシの注意事項


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)貴方にとって理想的なお墓がきっと見つかる