ここではお墓の使用規定についてご案内しています。
「使用規定」がある公営・民営

「使用規定」がある公営・民営



「使用規定」がある公営・民営ブログ:2014/9/11


あれはボクが10歳頃のことだったでしょうか…

ボクの家には止まったままの小さな柱時計がありました。
そしてボクがもう少し幼かった頃、
その時計は確かに動いていて
30分ごとに時刻を知らせる音が鳴っていたことを
ボクの耳は覚えています。

いつから止まっているのか、
いつから時計の音を聞かなくなってしまったのか、
はっきりしたことは思い出せなかったけれど…

ボクはもう一度その時計の音を聞いてみたくなり、
お父さんに訊ねてみました。
「あの時計止まったままだけど壊れているの?」

お父さんは時計を見上げ少し考えてから
「誰もネジを巻かないから動かないんじゃないかな…」と言い、

「じゃあボクがネジを巻いてもいい?」と聞くと
「いいよ、やってごらん」と答えてくれました。

ボクは時計の下に椅子を持って行き、
それに乗り、ホコリっぽい時計の扉を開けてみました。

「振り子の下に鍵があるだろう、
文字盤の方に鍵穴があるからそこに入れて巻くんだよ」
とお父さんは教えてくれました。

ボクは小さな鍵を文字盤の鍵穴に入れ
「キリキリ」と回し出しました。
全部巻き切るまで鍵を回しました。

そしてお父さんに時間を聞き、時計の時刻を合わせ
振り子を指で「トン」と横に弾きました。

すると時計は
再び時を刻みはじめました。

いつの間にか見捨てられ取り残されてしまったあの時計は、
かくれんぼの時、一人だけ見つけてもらえなかった子どものようです。

誰かに気付いて欲しくて、誰かに必要とされたくて…

動き出した時計を見あげ、お父さんはこう言いました。
「毎週巻いておくように…」と。

今日は、ここまで。
「使用規定」がある公営・民営

「使用規定」がある公営・民営

★メニュー

「使用権」を取得することを意味する
当然価格が異なる使用する区画の面積
いつ建ててもよいお墓
都市部では墓地不足が深刻
墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合
「使用規定」がある公営・民営
墓地や埋葬等に関する法律を覚えておこう
民営に比べて安い永代使用料や管理料
誰にでも申し込むことが出来るお墓
お墓の宣伝やチラシの注意事項


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)貴方にとって理想的なお墓がきっと見つかる