ここでは民営のお墓についてご案内しています。
誰にでも申し込むことが出来るお墓

誰にでも申し込むことが出来るお墓


誰にでも申し込むことが出来るお墓
確かに改葬をしてお墓を変更することも可能ですが、その改葬自体が意外と面倒くさいものです。
なるべくなら一つのお墓で改葬をすることが発生しないように、慎重にお墓探しをするようにしてください。 公営に比べて永代使用料・管理料が高くなっているのが民営のお墓のデメリットとなります。
民営の場合はお墓と言っても営利目的となっていますので、これは当然のこととなります。民営のお墓というのは、資格制度が決められていない為に、宗旨や宗派を問うことなく申し込めるのが出来ます。
公営と比べて民営のお墓というのは、緑豊かな場所に位置しており、環境的にも素晴らしい場所に面しています。

民営のお墓は諸設備も万全で、広場や自動車道路、さらには立派な休憩所や売店なども設置されています。
このことからお墓参りや法要をする為の設備、そして会館などが整っているという利点が民営にはあるのです。




誰にでも申し込むことが出来るお墓ブログ:2019/7/21

∩(´∀`∩) コンバンワッショーイ♪(∩´∀`)∩

突然ですが、
読者様は幼稚園に行くのが好きでしたか?

ボクは、きっとイヤだったと思います。
きっと…というのは、イヤだったかどうか、
はっきりとは覚えてないんですよね。

ただ、その当時、
おしっこに行く間隔がすごく早かったのは覚えています。

トイレに行って戻ってきたら、ムズムズしてまたトイレ!
…というのを繰りかえしていました。

心配した母親が、
病院に連れていってくれましたが原因不明でした。

いま思えば、
幼稚園に行くことへのストレスだったんじゃないかなぁ~
と思うわけです。

どうして、こんなことを思うかというと、
ボクの娘が、幼稚園に行きたがらないからです。

初日は、機嫌よく行きましたが、
翌日から夜鳴きがはじまりました。

そして、朝になると…
「幼稚園イヤ。お留守番しとく」
と、頑なに幼稚園に行くことを拒みはじめました。

これには、困りました。
親側としては、幼稚園の始業の時間も迫ってきます。
それまでには、着替えさせたり、ご飯を食べさせなければなりません。

いくら余裕をもって起きたとしても、
娘が幼稚園に行くことを察すると、
どこかに逃げていくのです。

それからは、
「我が子VSボク&奥さん」の心理合戦が始まります。

幼稚園に強く行くように強要してみたり、
帰ってきたら大好きなおかしを買ってあげるよ!とか、
もしくは「じゃ、1人でお留守番しときね」と部屋を暗くしてみたり…

おかしやジュースをあげるからなどと言って、
幼稚園に行くようなことはありません。

ましてや「幼稚園に行きなさい!」と言ったところで、
「イヤだ!!」と泣き叫ばれるばかり…

う~ん…なかなかのツワモノです!

・・・と、こんな事書いてみる
誰にでも申し込むことが出来るお墓

誰にでも申し込むことが出来るお墓

★メニュー

「使用権」を取得することを意味する
当然価格が異なる使用する区画の面積
いつ建ててもよいお墓
都市部では墓地不足が深刻
墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合
「使用規定」がある公営・民営
墓地や埋葬等に関する法律を覚えておこう
民営に比べて安い永代使用料や管理料
誰にでも申し込むことが出来るお墓
お墓の宣伝やチラシの注意事項


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)貴方にとって理想的なお墓がきっと見つかる