ここでは永代使用料の価格についてご案内しています。
当然価格が異なる使用する区画の面積

当然価格が異なる使用する区画の面積


当然価格が異なる使用する区画の面積
多くの人が利用をしているお墓というのは、それだけ条件や価格など様々な要素が絡みあって選んでいます。
つまり見た目だけ素晴らしいお墓であっても管理が不十分ではそれは良いお墓とは言えないのです。 永代使用料は一つのお墓の敷地内で全て同じではなく、面積や区画によっても異なってきます。
さらに、芝生墓地や階段墓地など形状や向き、そして生垣の有無などによって変わってきます。永代使用料というのは一般的に墓地の場所や地形、さらには開発費や設備費、道路や緑地のとり方などに使われることとなります。
また施設内容、そして寺院の格などによりまして決まってくることになりますので切磋万別なのです。

一般的に永代使用料は公営が最も安く、次に民営、そして寺院という順番で高額になってきます。
宗派や寺格によりましても異なりますので、各々の寺院に確認をするようにしましょう。




当然価格が異なる使用する区画の面積ブログ:2019/5/15

厳しさとやんちゃさを兼ね備えたパパ、
そして、穏やかな、どこかお茶目なママの元で
あたしは育ちました。

家には、色紙に書かれた家訓ならぬ、
パパのお気に入りの言葉が書かれた色紙が
所狭しと家の壁に貼られていました。

たくさんのことをお子様に残したかったパパ。
パパの教えや決まりごとの意味は、そのときは難しくて分からなくても、
大人になるにつれて理解できるようになっていました。

だけど、一つだけわからないものがありました。

「1食2膳」
食事1食につき、ごはんを2杯以上食べなさい…
というものでした。

「残さず食べなさい」という躾もありましたが、
それに追加して、なぜ「1食2膳」?

体型などが気になるお年頃の時期は、
とても嫌な決まりごとだったのです。

むしろ、ごはんをお茶碗半分にしたい…
そう感じたことも何度もありました。

ごはんを2杯食べないことが見つかろうものなら、
不機嫌になるパパ。
「お前らがしっかり食べないと、働いている意味がないだろう!」
「そんなことなら、働かんぞ!」

なんで、機嫌が悪くなるの?
だからって、どうして働かなくなるの?
当時のあたしには、怒られていることに気をとられて、
パパの思いが分かりませんでした。

しかし、少し巻き戻してみると
答えは明らかでした。

パパは、あたしたち家族がたくさん食べることで、
働く意味を感じてきた人だったのです。

なので、
あたしたちが食欲のないときには、
働く意味を感じられなかったのでしょう。

パパもママも戦後間もない頃に生まれ育ったので、
その時代背景を考えれば、
今のように飽食の時代ではありませんでした。

だからこそ、
家族に充分にごはんを食べさせることが家族の幸せであり、
パパにとって意味あることだったのですね。

当然価格が異なる使用する区画の面積

当然価格が異なる使用する区画の面積

★メニュー

「使用権」を取得することを意味する
当然価格が異なる使用する区画の面積
いつ建ててもよいお墓
都市部では墓地不足が深刻
墓石がまだで墓地だけ手に入れている場合
「使用規定」がある公営・民営
墓地や埋葬等に関する法律を覚えておこう
民営に比べて安い永代使用料や管理料
誰にでも申し込むことが出来るお墓
お墓の宣伝やチラシの注意事項


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)貴方にとって理想的なお墓がきっと見つかる