一生のうちでお墓を購入する機会は多くありませんが、だからこそ慎重にお墓選びをすることが大切です。
お墓の管理者とよく相談をして、また親族との念入りな相談をしてから、お墓を決めるようにしてください。 申し込みに際して様々な資格条件が定められているのも公営のお墓のデメリットと言えます。
原則としましてはその自治体に現住所を持っており、一定年数以上居住していることが条件となります。公営のお墓の利点というのは、永代使用料や管理料などが民営と比べて安くなっていることが挙げられます。
また宗旨宗派に関係することなく申し込み可能だったり、管理運営がきちんとされていることも安心出来る要素です。

 

公営のお墓には難点もあり、東京や大阪などの大都市では満杯状態となっていることです。
場所によりましては年に一度、数年に一度の空地募集となりますが、その倍率は非常に高くなっています。



民営に比べて安い永代使用料や管理料ブログ:2017/11/08

栄養バランスのとれたご飯を
連日きちんと食べましょう!

…って、よく聞きますよね?

見本の献立例を見て、
「こりゃ無理だ」と思ったり、
「これじゃあ足りないのでは?」など、
いろんな反応が返ってくると思います。

理想的と考えられるご飯例を示すこと自体は有用なのですが、
どうも誤解があるんじゃないのかなぁ…と、
あたくしはそんな気がするのです。

理想的なご飯のモデルとして示されるような献立って、
たいてい24時間分をほぼ均等に分けているんですよね。
なので、ぱっと見、学校の給食とか病院食風だったりします。

こんな理想的とされるご飯を
連日食べている方って少ないと思います。
病院に入院されている方は
連日このようなご飯だと思いますが…

多くの方が
理想的なご飯からかけ離れた食生活なのだとすれば、
日本の現状は相当に問題があるのでしょうか?
あたくしたちは反省しないといけないのでしょうか?

これらのご飯例は
なるべく多くの日本人に参考となるようつくられており、
中にはこのご飯が参考にならない人も
いらっしゃるかもしれません。

それでも国からすれば
参考となるモデルを示す必要があるため作成されている…
そんな程度に考えて良いと、あたくしは思っております。

生活習慣・食習慣を整える事は大切ではあるけれど、
あたくしたち人間が当たり前に持つ欲求に、逆らうような努力というのは
長続きさせるのは難しいでしょう。

それぞれの栄養素は
24時間毎に充足させる必要は無いのですから…
そんな画一的な栄養指導をされた場合には
ダメだしをしてあげましょう!

ご飯は人生の愉しみでもあることを忘れちゃいけない…と、
あたくしは思うのです。



このページの先頭へ戻る